人生の仮定のシナリオのためのファイナンシャル・プランニング

29 January 2020 | 貯蓄/投資

 印刷

ドリュー・ハース

一昨年の夏、妻と私は重大な決断に迫られました。それは待ちに待った夏の休暇をどこで過ごすべきかという決断です。とりわけ今回はまだ乳児である息子を初めて連れていくため、どんな旅が理想的な息抜きになるのか、私達は発想の転換を迫られました。

決めなければならないことは山積みでした。どんな旅をしたいのか‐活発な旅かリラックスした旅か?予算は?自分達で旅の下調べをしたい気持ちやその時間はあるのか?旅行代理店に頼むべきか?


一週間を過ごすニュー・ジャージーのロングビーチ・アイランドの貸別荘に落ち着いてからも、気が付くと自分達の力の及ばない様々なことを考えていました。例えば、雲行きの怪しい天気予報は旅の計画にどのように影響するだろうかといったことです。

特定の仮のシナリオをいくつか想定することで、事前に効果的な準備ができましたが、他に予想できなかった不都合も起こりました。ペットの同乗や車のトラブルなどで、旅行のプランを直前に調整しなければならなかったことなどです。

こういった細かい問題にも関わらず、私たち家族にとってこの一週間の休暇は、手頃な予算でゆっくりとくつろげる、素晴らしいものとなりました。ですがこの経験によって、私はあることを考えさせられました。それは、休暇に行くためでさえこれだけの計画が必要となるのだから、例えば退職や、教育資金、医療費などといった、より大きな金銭的な目標を、一体私たちはどのように計画できるのだろうかということです。こういったことに関しては、たとえ決定をしても、その後多くの予測不可能なことが起こり得るのです。

幸いにして私たちは、これらのリスクに対応し、予期せぬ出来事で軌道を外れそうになっても修正できる、柔軟性のある健全な計画を立てることが可能です。

目標を明確にするため、必要な質問をすることから始めましょう

成功するファイナンシャル・プランニングとは、数字の上のことだけではありません。退職する年齢、理想的な投資リターン、*子供の学資貯蓄制度である529プランのためのポートフォリオの配分目標などが関係してきます。すでにあなたは計画期間を見据えしっかりと貯蓄しているかもしれませんが、目標の中でも漠然とした部分を見極めるためには、多少のサポートが必要です。

*米国の制度で、教育関連の費用を支払う場合に、課税なしで投資収益を引き出せる投資計画

以下はあなたが目標設定のために、ご自身に問うべき事柄です。

  • それぞれの目標のビジョンはどんなものですか。なぜそれがあなたにとって重要なのでしょうか。例えば、一週間に40時間から60時間も働かなくてよくなる退職後の生活を、どのように過ごしたいですか?
  • あなたの人生において大切な人は誰ですか。またその人たちとの関係は、あなたがいつどこで退職するかという選択にどのように影響しますか?
  • あなたの時間や財産で地域や家族に恩返しすることはどれほど重要ですか?

勿論これらの質問はほんの一例で、問うべき質問はあなたの目標によって変わります。迷った時は、意欲をかき立てるために小学校で習った、「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように」という基本的なアプローチを試してみてください。

不測の事態に備え、かつ柔軟性を失わないこと

私の上司がよく言う言葉があります。「ファイナンシャル・プランニングに不測の事態なんて存在しない」。つまり、人生の予期せぬ出来事の多くは、事前に準備ができ、またそうするべきだという意味です。以下は典型的なリスクとそれに対する準備の秘訣です。

  • 市場リスク。これは市場の騰落が投資の価値を左右するというリスクです。投資ポートフォリオにおけるこれらのリスクは最小化することができます(ただ完全に排除することはできません)。もし資産配分が、計画した期間およびリスクの許容度に合ったものであれば、市場の騰落の影響は、緩和される可能性があります。例えば一般的には、住宅購入の頭金のような向こう2,3年のうちに使う資金は、20年から30年使わない退職資産よりも、より保守的に運用するほうが理に適っています。
  • 保護計画。様々な種類のリスクをしっかりと管理する方法は、保険を使うことです。ファイナンシャル・プランにおいて、保険は防御の役割を果たし、投資は積極策の役割を果たします。例えば、
    • 生命保険は、あなたの亡き後、愛する家族が借金を払い、それぞれの金銭的目標を達成することができるという安心感を与えます。
    • 所得補償保険は、あなたが勤務中に怪我をした時、復帰するまでの所得の穴埋めをします。
    • 適切な健康保険は、日常および思いがけない医療費の管理に役立ちます。
    • 包括保険は、あなたの築き上げた財産を訴訟から守ります。例えば飼い犬が近隣住民を噛んだり、請負業者が敷地内ですべり落ちたりした時などです。
    ポートフォリオをまだ増やし続けている段階でも、もしくは使おうとしている段階でも、忘れずにそれを保護しましょう。
  • 緊急事態への備え。全くの不測の事態-失業や医療費の突然の変更、住宅の緊急の補修、その他の予期せぬ出来事-には、緊急費用として貯金をしておくことが収入と支出の差を埋めるのに大変有効です。理想的には、3ヶ月から6ヶ月分の「非裁量的」(すなわち必須の)支出額を現金口座(例えば、マネー・マーケット・ファンド、銀行預金、または貯蓄預金)に持つのが理想的ですが、どのくらいの金額でも用意しておかないよりは良いのです。緊急時には、クレジット・カードやローンを利用してその利息を払ったり、退職金を取り崩して余計な税金を払うよりも、上記の現金口座から「自己資金」で払う方が望ましいのです。

目標達成の方法について、規律あるプランを作成しましょう。

休暇の計画を立てる際、必要となる事項を適切に考え準備することが大変役に立ちました。予測のつかない事をあれこれ考えすぎて時間ばかり経ち、「分析麻痺(考えすぎて行動に移せない)」状態に陥って、休暇の準備段階や結果を楽しむことができなくなるところでした。しかしその代わりに私たちは、何が計画に見合うかを見定め、できることを盛り込み、休暇中に多少の調整をしなければならないことを理解した上で計画を立てました。

分散投資の適切な配分を見極め、長期的にモニタリングし、目標の達成状況を確認するためにどんなツールやサポートを使うにしろ、ご自身に適切なものを選ぶことが大切です。

すでにあなたは正しい方向性を定めて旅の最中にいらっしゃることでしょう。ですから「仮定のシナリオ」について考えて落ち込んだりしないでください。昔誰かがこんなことを言っていました。「楽しみの半分はそこに到達することにあるのです」。どうぞ素晴らしい旅を!

注記:
全ての投資にはリスクが伴い、投資元金を割り込む可能性があります。
分散投資は、利益を保証するものでも、損失を防止するものでもありません。
全ての投資には一定のリスクが伴うことにご留意ください。金融市場の変動およびその他の要因により、損失を被ることがあります。いかなる資産配分、またはファンドの組み合わせも、投資目標の達成または一定の収入を保証するものではありません。


 

ドリュー・ハース

ドリューは、バンガード・パーソナル・アドバイザー・サービス™のファイナンシャル・アドバイザーです。2012年にバンガードに入社し、2016年よりファイナンシャル・プランニングおよび投資アドバイスを顧客に提供しています。専門分野は、インデックス投資、退職計画、公的給付金、税金および遺産計画です。

ドリューは、サーティファイドファイナンシャルプランナー® (CFP®)であり、ヴィラノーヴァ大学の学士号を有しています。


 

ご留意事項

  • バンガードのファンドについて詳しくお知りになりたい場合はvanguardjapan.co.jpをご覧ください。ファンドの投資目的、リスク、費用、経費、およびその他の重要な情報は、目論見書に記載されています。投資前によくお読みになり、ご検討ください。
  • バンガードETFにおける受益証券の設定または交換は、通常数百万ドル単位のクリエーション・ユニット(原資産バスケットおよび現金)の引き渡しによってのみ行われます。投資家は、流通市場においてバンガードETFの受益証券の売買を行い、証券取引口座にこれらの受益証券を保有しなければなりません。その際、投資家は仲介手数料を課されます。また、ETF購入の際には基準価額を上回る金額を支払い、あるいは売却時には基準価額を下回る金額を受け取る可能性があります。
  • 債券ファンドへの投資は金利、信用、およびインフレリスクを伴います。
  • 分散投資は、利益を保証するものでも、損失を防止するものでもありません。
  • 株式や債券への投資は、カントリー・リスク、地域リスク、通貨リスクなどのリスクを伴います。新興国市場を基盤とする企業の株式は、国と地域の政治リスク、経済リスク、為替変動リスクを伴います。これらのリスクは特に新興国市場で高くなります。
  • すべての投資にはリスクが伴い、投資元金を割り込む可能性があります。

バンガード・マーケティング・コーポレーション、バンガード・ファンドの販売会社

 印刷