最もパフォーマンスの良いETFは何ですか?

28 June 2018 | ETF

 印刷

日本語訳

こんな質問をよく受けます。“最もパフォーマンスの良いETFは何ですか?”

ETFのリストを挙げ、その実績を調べたくなるのは当然のことです。しかし過去のデータはこれまでのETFの成績を示すもので、未来のことは分かりません。

これは天気と同じです。例えば、次の土曜日の過去における平均気温を調べることはできますが、実際の土曜日の気温はどうでしょうか?平均気温より上下することもありますし、その差が大きいこともあります。過去の気温を参考にしても、その日の気温は予測できません。

それと同じでETFのパフォーマンスも、過去の成績からは予測できないのです。未来が予測不能なら投資目標を念頭に考えましょう。“私にとって最良のETFの選び方は何か?”

その際 個々のETFのパフォーマンスには注意を向けず、分散させたポートフォリオ内でのETF活用法を考えます。資産が増える可能性とそのために許容できるリスク、このバランスを取るために分散投資は必須です。

そして分散投資において資産配分は最も大切と言えます。つまり株式と債券の配分を決めて、各々のリスクのバランスを保つのです。多様な株や債券で 分散投資がさらに促進されます。1つが低迷しても他で補えるようになるからです。投資信託と同じくETFには分散投資が組み込まれています。ETFには数十から数千の株や債券が含まれているのです。

次の段階では自分が住む国から世界に投資を広げるといいでしょう。セクターETFを考慮する際には注意が必要です。ある業種だけに投資するとそのセクターに問題が起きた時、あなたのポートフォリオに大きく影響を与えることになります。

そして最後に…どんなに分散投資を行っても、高コストはポートフォリオに打撃を与えます。類似するETF間で経費率を比較し、小さな金額でも無駄なく活用できるように考えて下さい。

 



関連ページ

動画「ETFはインデックス・ファンドなのでしょうか?」
動画「ETFは常に低コストなのでしょうか?」
ETF入門




ご留意事項

リスクに関する情報

  • 本編内に日本国内未届の商品名も含まれておりますが、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本資料は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ETFは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、ETFはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。ETFの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。
  • ETFはそれ自身が証券取引市場で売買されるため、その投資対象先の有価証券の価格変動リスクに加えて、ETFそのものの市場取引に伴う流動性リスクが生じます。ETFの市場での取引量が少ない中で大量の売買を執行すると理論価格から乖離した価格での執行となる恐れがあります。
  • ETFは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。

手数料に関する情報

  • ETFの売買の際には取次ぎ販売会社に対しての手数料をご負担いただくことになります。購入の際には購入代金と手数料をお支払いいただき、売却の際には売却代金から手数料を引いた金額を受取ることになります。手数料及び取引に掛かるコストにつきましては販売会社にてご確認下さい。
  • ETFへの投資家は間接的にその投資期間分の経費率(エクスペンスレシオ)を負担します。経費率とは、ファンドの内部で徴収される運用管理費及びその他費用です。経費率は毎年決算時に見直され、変動します。

お取引に関する情報

バンガード・インベストメンツ・ジャパンは、金融商品取引業1種の登録を受けておりますが、お客様に金融商品取引の執行に関わるサービスを提供しておりません。個別の金融商品取引に係わる説明、告知、もしくは報告等、および同取引に係わる売買代金の受け渡しも行っておりません。金融商品の売買を行う場合は、当社以外の金融商品取引業者からあらためて必要な情報を入手し、法令上の手続きをお済ませのうえお取引下さい。

 印刷