ETFはインデックス・ファンドなのでしょうか?

28 March 2019 | ETF

 印刷

日本語訳

ETF、つまり上場投資信託はインデックス・ファンドでしょうか。大半はそうですが、例外もあります。

インデックス型ETFを従来のアクティブ運用ファンドと比較する場合には、目標、リスク、費用の違いに留意する必要があります。

インデックス型ETFの目標はS&P500®などの指数に合わせることです。そのために、マネジャーは指数を構成する株式や債券の銘柄すべて(またはその代表的銘柄)を購入します。

実際、一つのインデックス型ETFが数百から数千の銘柄を保有する場合があり、高い分散効果が得られます。指数が上昇するとETFも好調になります。素晴らしいですね。

市場リスクはどうでしょうか。指数が下落すると、指数に連動するETFも下落します。しかし幸いなことに、インデックス型ETFは長期的には値上がりが期待できます。

一方、アクティブ運用ファンドは指数を上回るリターンを目指します。そのため、マネジャーは株式や債券の銘柄選択を行う前に十分な調査を行う必要があります。つまり、ファンドが指数を上回る高いリターンをあげる可能性があります。これも素晴らしいことです。

しかし、市場リスクの他に、マネジャー・リスクはどうでしょうか。マネジャーが銘柄選択を誤れば、ファンドは指数をアンダーパフォームします。運用の違いは、コスト全体にも影響します。

例えば、インデックス型ETFは一般に経費率が低くなっています。経費率とは、運用に係る費用のことです。インデックス型ETFの経費率が低いのは、アクティブ運用ファンドと違って、マネジャーの調査や専門知識に対して経費を払う必要がないからです。

さらに、インデックス型ETFは保有する株式や債券の売買頻度が低いため、キャピタルゲイン課税が少なく、あなたが負担する税額も少なくなります。

要するに、インデックス型ETFは目標が異なり、低リスク、低コストなのです。

 



関連ページ

動画「最もパフォーマンスの良いETFは何ですか?」
動画「ETFは常に低コストなのでしょうか?」
ETF入門




ご留意事項

  • バンガードETFは、日本では他の証券会社(手数料が必要な場合があります)を通じてのみ売買することができます。各種制限事項等に関しては、vanguard.comのVanguard Brokerage Services commission and fee schedules ページをご覧ください。バンガードETFの株式はファンドから直接解約を行うことはできず、何百万ドル相当となる総計単位のクリエーション・ユニットによってのみ交換(解約)することができます。ETFは市場のボラティリティリスクにさらされています。ETFの売買の際には市場価格で代金を支払う、あるいは受領することとなりますが、その価格は純資産額と比較して大きい場合も小さい場合もあります。
  • コストは投資を検討する際の一要素でしかありません。投資商品間には大きな差異があることがあり、投資にあたっては事前にそれらを検討しなければなりません。たとえば、米国外企業の発行する株式や債券はカントリーリスクおよび地域リスク、また通貨リスクにさらされています。カントリーリスクおよび地域リスクとは、政変、財政難、天災などにより、米国外企業の株式の価値が悪影響を受ける可能性のことを指します。また通貨リスクとは、海外投資を行った際、為替が不利に動いたために米ドル換算上の損失を被る可能性のことを指します。
  • 新興市場ではこれらのリスクがとりわけ高くなります。比較的狭い業種に集中して投資を行うファンドは、より高い株価変動に見舞われるリスクがあります。

リスクに関する情報

  • 本編内に日本国内未届の商品名も含まれておりますが、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本資料は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ETFは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、ETFはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。ETFの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。
  • ETFはそれ自身が証券取引市場で売買されるため、その投資対象先の有価証券の価格変動リスクに加えて、ETFそのものの市場取引に伴う流動性リスクが生じます。ETFの市場での取引量が少ない中で大量の売買を執行すると理論価格から乖離した価格での執行となる恐れがあります。
  • ETFは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。

手数料に関する情報

  • ETFの売買の際には取次ぎ販売会社に対しての手数料をご負担いただくことになります。購入の際には購入代金と手数料をお支払いいただき、売却の際には売却代金から手数料を引いた金額を受取ることになります。手数料及び取引に掛かるコストにつきましては販売会社にてご確認下さい。
  • ETFへの投資家は間接的にその投資期間分の経費率(エクスペンスレシオ)を負担します。経費率とは、ファンドの内部で徴収される運用管理費及びその他費用です。経費率は毎年決算時に見直され、変動します。

お取引に関する情報

バンガード・インベストメンツ・ジャパンは、金融商品取引業1種の登録を受けておりますが、お客様に金融商品取引の執行に関わるサービスを提供しておりません。個別の金融商品取引に係わる説明、告知、もしくは報告等、および同取引に係わる売買代金の受け渡しも行っておりません。金融商品の売買を行う場合は、当社以外の金融商品取引業者からあらためて必要な情報を入手し、法令上の手続きをお済ませのうえお取引下さい。

 印刷