目的を持って生きるとは? 意図を持ってお金と向き合うこと

30 August 2019 | 行動ファイナンス

 印刷

マリア・ブルーノ

私は今年6月、バンガードが協賛した2019年のフォーブス女性サミットで、華々しい活躍をされている数人の女性とご一緒に登壇する機会がありました。ビジネス、政治、メディアの未来に大きな影響を与えつつある素晴らしい女性たちでした。

私のパネル・ディスカッションでは、リーダーが目的を持つことの重要性を主に取り上げました。話の中で印象深かった点は、「目的」というテーマが私たちの生活の財務面に大きく関係していることです。


お金の使い方に現れるのは、人生で最も大切にしていること

私はファイナンシャル・プランニングを職業としています。ご想像のとおり、プランの作成には計算が必要ですが、数学的計算においては「正しい」答えは一つで、それ以外はたくさんの間違った答えだと言えるでしょう。しかし、意外にもお金の管理についてはそうではなく、「正しい」答えは無数に存在します。それは様々な要素の間で折り合いをつけることになるからです。

ことお金に関しては、誰もがしっかりした目的を持っていたいと願っています。お金をどう稼ぎ、どう使うかは、私たち人間にとって大きな意味を持ちます。私がこれまでに出会った人々の「お金に関する目的」の中には、次のものがありました。

  • 自給自足と経済的自立を得る
  • 共感する活動のためにお金を遺す
  • 子どもや孫に、自分には得られなかったチャンスを与える
  • 何か新しいもの(ビジネス、製品、テクノロジー、アートなど)をこの世に生み出す
  • 世界のありとあらゆることを経験する

 

お金に関するこれらの目的は、どれ一つとして「間違い」ではありません。単にそれぞれ異なり、その人らしさが強く現れているというだけです。

今までご自身のお金に関する目的について考えたことはありますか?もしなかったとしても意外ではありません。お金に対する考え方は世代から世代へと受け継がれ、多くの人々は、自分の貯蓄、支出、贈与といったことの背景に何があるのかを意識していないからです。もちろんあなたの目的は一つだけではないかもしれません。むしろ異なる目標の間でバランスを取りながら進めているでしょう。

お金のことをもっと頻繁に話しましょう

お金に関する目的を明確にしづらいもう一つの理由は(最終的には数学ではなく価値観の問題であるために)、他人の批判に晒されやすいことが挙げられます。そのため多くの人々にとって、お金のことを大っぴらに話すのは容易ではありません(そして私たちの多くは、お金のことを話題にしないように躾けられました)。

しかしソーシャル・メディアで情報を共有しながら育った若い世代の間では、お金についてオープンに話すことが増えてきています。私はそれが悪いことだとは思いません。ファイナンシャル・プランナーは、クライアントにお金に関する意図や、最も重要だと考える価値観を、明確かつ率直に話していただくことを必要とします。ある人にとって完璧なアドバイスが、他の人にも役立つとは限らないからです。

私たちは誰もがCEO

家族と一緒にお金を管理したいとお考えの、比較的裕福なクライアントと仕事をする際に、私たちがクライアントにお勧めすることの一つが、家族の間で共有しておきたい価値観や指針を定め、そこを起点として計画を練ることです。

これは誰もが利用すべきテクニックです。サミットである講演者が述べたように、私たちは誰もが自分の家のCEOであり、日々重要な決定を下し、物事の最適なバランスを取っています。

ここで、皆さんにお聞きします。ご自身にとって最大の「お金に関する目的」は何ですか?またどの程度その目的に沿って日々生活していらっしゃいますか?目的達成のために犠牲にしていることは何ですか?そして、目的を意識することは、意図を持ってお金を管理することにどう役立つでしょうか?

注記:
すべての投資にはリスクが伴い、投資元金を割り込む可能性があります。


 

マリア・ブルーノ

マリア・ブルーノ(CFP®)はバンガードの米国におけるウェルス・プランニング・リサーチの責任者であり、チーム・リーダーとして、老後への備え、資産計画、ポートフォリオ構築など幅広いトピックのリサーチと分析を指揮しています。またバンガードのアドバイザリープロダクト・サービスを支える投資哲学、投資手法、資産運用戦略の監督にも携わっています。

これまでバンガードの個人ファイナンシャルプランニング部門、アドバイスサービス部門のスペシャリストとして、総合的ファイナンシャルプランの作成、ファイナンシャルプランナーチームの管理、アドバイスプログラムや教育資料の開発など、助言提供やリーダーシップとしての役割を果たしました。金融サービス業界での経験は25年を超え、ファイナンシャルプランニングに関するテーマでは、その発言はメディアへも多数引用されています。バンガード・ウェブサイトのブログに定期的に寄稿するほか、ウェブキャストやポッドキャストにも登場しています。

ヴィラノヴァ大学でB.S.B.A.(経営管理学士)を取得。CFP®資格取得者。


 

ご留意事項

  • バンガードのファンドについて詳しくお知りになりたい場合はvanguardjapan.co.jpをご覧ください。ファンドの投資目的、リスク、費用、経費、およびその他の重要な情報は、目論見書に記載されています。投資前によくお読みになり、ご検討ください。
  • バンガードETFにおける受益証券の設定または交換は、通常数百万ドル単位のクリエーション・ユニット(原資産バスケットおよび現金)の引き渡しによってのみ行われます。投資家は、流通市場においてバンガードETFの受益証券の売買を行い、証券取引口座にこれらの受益証券を保有しなければなりません。その際、投資家は仲介手数料を課されます。また、ETF購入の際には基準価額を上回る金額を支払い、あるいは売却時には基準価額を下回る金額を受け取る可能性があります。
  • 債券ファンドへの投資は金利、信用、およびインフレリスクを伴います。
  • 分散投資は、利益を保証するものでも、損失を防止するものでもありません。
  • 株式や債券への投資は、カントリー・リスク、地域リスク、通貨リスクなどのリスクを伴います。新興国市場を基盤とする企業の株式は、国と地域の政治リスク、経済リスク、為替変動リスクを伴います。これらのリスクは特に新興国市場で高くなります。
  • すべての投資にはリスクが伴い、投資元金を割り込む可能性があります。
  • バンガード・マーケティング・コーポレーション、バンガード・ファンドの販売会社

 印刷