年金情報 No.781 :DC運用ガイド「老後に向けた資産形成と投資(7)運営管理の改善余地」

06 November 2018

 印刷

2018年11月5日付の年金情報 No.781に、DCの資産運用で考慮すべき要点を、バンガード・グループが解説する連載の第七回目(最終回)が掲載されました。

「老後に向けた資産形成と投資」をテーマに、今回は「運営管理の改善余地」について解説しています。下記リンクから記事がご覧いただけますので、是非お読み下さい。

DC運用ガイド「老後に向けた資産形成と投資(7)運営管理の改善余地」

出典:株式会社格付投資情報センター「年金情報 No.781」
掲載終了日:2020年11月4日

また、Web年金情報のIDをお持ちの方は、下記の年金情報ウェブサイトからも同記事がご覧いただけます。

年金情報本誌一覧
(2018年11月5日号)


 

ご留意事項

注:上記外部サイトに表示される内容は、ザ・バンガード・グループ・インク、ならびにバンガード・インベストメンツ・ジャパンが管理するものではありません。

  • 本記事は、株式会社格付投資情報センター(以下R&I)の許諾を得て掲載しております。
  • R&Iは、本記事の無断での複製転載を禁止しております。
  • R&Iは、本記事の利用によって生じたいかなる損害についても、負担致しません。
  • R&Iは、特定の有価証券の価値などを示したり、かかる有価証券の価値などやその分析に基づく投資判断に関して助言を行ったり、特定の投資行為を勧誘するものではありません。
  • 本資料は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本資料は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、 株・債券の価格が下落し、損失を被ることがあります。株・債券の価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。

 印刷