4本のバンガードETF(VWO、VEA、VGK、VPL)に小型株が加わり、分散効果がさらに拡大
~世界最大の新興国ETFであるVWOには中国A株も追加~

03 June 2015

 印刷

2015年6月3日(東京): 米国ザ・バンガード・グループ・インクは米国東部時間2015年6月2日付で、国際株式指数に連動する4本のバンガードETF™に小型株を加えるとともに、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に中国A株を、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)にはカナダ株式の組み入れを開始すると発表しました。

小型株の組み入れを開始する銘柄は以下4本です。

  • バンガード®・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
  • バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)
  • バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)
  • バンガード・FTSE・パシフィックETF(VPL)

更に、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に中国A株を組み入れることで、分散投資の対象を拡大します。これにより、中国本土の上場企業を含む、幅広い時価総額加重インデックスに連動するETFが初めて誕生することになります。

そして、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)にはカナダ株式を組み入れます。なお、今回のベンチマーク変更に伴い、ベンチマーク変更後は当ETFの日本語名称を、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETFから、バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETFに変更します。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役のディビッド・サーマックは、「小型株の追加により、各ETFは、その市場の時価総額加重平均により近づきます。投資家の皆さまにとって長期的に大きなメリットになると判断したため、今回変更することになりました」と述べています。

4本のETFは、中・大型株で構成されるインデックスから、大・中・小型株で構成されるFTSEオールキャップ・インデックスに移行します。新たなベンチマークに基づく各ETF小型株の組入比率は約10%となります。4本のETFの直近の目論見書による経費率は0.09~0.15%ですが、今回の変更による経費率への影響はありません。

ETF 現在のベンチマーク 変更後のベンチマーク 追加銘柄数
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO) FTSEエマージング・インデックス FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス 小型株:1,845銘柄(インデックスの11%)
中国A株:1,411銘柄(インデックスの5.6%)
バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA) FTSEディベロップド(除く北アメリカ)インデックス FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス 小型株:2,248銘柄(インデックスの9.9%)
カナダ株:234銘(インデックスの8.2%)
バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK) FTSEディベロップド・ヨーロッパ・インデックス FTSE欧州先進国オールキャップ・インデックス 小型株:724銘柄(インデックスの9%)
バンガード・FTSE・パシフィックETF(VPL) FTSEディベロップド・アジア・パシフィック・インデックス FTSEアジアパシフィック先進国オールキャップ・インデックス 小型株:1,331銘柄(インデックスの9.4%)

サーマックはさらに、「グローバル市場は進化し続け、よりアクセスしやすくなっています。今回の変更は、日本の投資家の皆さまに、さらに幅広い銘柄や市場への分散投資をご提供する非常に良い機会になることでしょう」と語っています。

FTSE・エマージング・マーケッツETF (VWO)に中国A株を組み入れ

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は、世界最大の新興国市場ETF(注2)です。中国A株が加わることで、中国に対するより包括的なエクスポージャーをご提供することが可能となります。時価総額で世界第2位の株式市場を擁する主要新興経済国である中国は、GDPでは世界第2位の地位を誇り、世界貿易においては20%、世界消費においては7%を占めています。(注3)

VWOの新たなベンチマークには、中国A株が約5.6%含まれます。中国A株の取り扱いによって、同国で最大規模を有する発行体への投資が可能となり、中国市場での更なる分散投資が可能になります。(注4)

アジア太平洋株式運用チームを統括するロドニー・コメギーズは、「中国A株を組み入れた最初の主要な新興国ETFとして、VWOは投資家の皆さまにより幅広い分散投資と、成長が期待できる中国株をより幅広くカバーできることは投資家の皆さまにとってもメリットがあります」と述べています。

FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)に、カナダ株式を追加

FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)は、小型株から大型株にいたるまで、カナダを含めた米国以外の先進国市場をカバーする最大のETFへと生まれ変わります。VEAの新たなベンチマークには、カナダ株式が8%含まれることになります。8%という比率は、先進国市場および世界市場に対する同国経済の重要性についてのバンガードの評価をより正確に反映したものといえます。

ベンチマーク移行に伴い保有銘柄の入替えが必要になることから、一時的に取引コストが発生すると考えられます。ETFを運用しているバンガード・エクイティ・インデックス・グループは、効率的なポートフォリオ・トレーディング戦略やその他の定期的なインデックス・リバランス戦略を通じて、影響を最小限に抑えるよう努めます。ベンチマークの変更は、混乱を避けコスト効率の高い方法で移行するため、数か月をかけて段階的に行います。現在、各ETFの目論見書では、経費率を0.09%~0.15%としていますが、ベンチマークの変更による経費率への影響はないと見込んでいます。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンとバンガードについて

2000年に設立され、今年15周年を迎えたバンガード・インベストメンツ・ジャパンの親会社であるザ・バンガード・グループ・インクは、米国フィラデルフィア州バレーフォージに本社をおきます。バンガードは、運用するファンドを通じて投資家の皆さまに所有される、「バンガードの株主=ファンドの投資家」というユニークな会社構造を採っています。外部株主が存在しないこの会社構造は、株主である投資家の皆さまのメリットを追求することだけに専心できます。さらに、バンガード独自の社風や投資哲学、経営方針をグローバルの各拠点すべてで推し進めることができます。バンガードの安定性や経験、低コスト、顧客第一の姿勢は、日本の投資家の皆さまにとっても資産形成のお役に立てることと思います。バンガードは、グローバルで約3.12兆米ドル(約376兆円)を運用する、世界最大級の投信会社です。インデックスファンドを世界で初めて個人投資家向けに販売した会社として知られ、2001年以降は、インデックスファンドで培ったノウハウをETF(上場投資信託)においても発揮しています。バンガード関する更に詳しいご案内は、バンガード・インベストメンツ・ジャパンウェブサイトをご覧ください。www.vanguardjapan.co.jp

(注1)FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックスは、FTSEエマージング・オールキャップ・インデックスおよびFTSE中国A株オールキャップ・インデックスの大型・中型・小型株証券で構成されています。FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックスに占めるFTSE中国A株オールキャップ・インデックスのウェイトは、海外投資家に割り当てられる投資枠により調整されます。

(注2)出所:Strategic Insight。2015年6月3日現在。

(注3)出所:世界銀行、国際通貨基金、世界貿易機関

(注4)バンガード・インベストメンツ・オーストラリアは、人民元適格外国機関投資家(RQFII)ライセンスを通じて中国A株の割当枠を取得しています。


ご留意事項

FTSEインデックス(以下「インデックス」)にかかるすべての権利はFTSEインターナショナル・リミテッド(以下「FTSE」)に帰属します。「FTSE®」はロンドン証券取引所グループ系列会社の商標で、FTSEがライセンスを得て使用しています。バンガード・ファンド(以下「プロダクト」)はバンガードが単独で開発したものです。インデックスはFTSEまたはその代理人によって算出されます。FTSEとそのライセンサーはプロダクトと何ら関係がなく、またプロダクトのスポンサーではなく、プロダクトに対して助言せず、プロダクトを推奨せず、保証せず、販売促進しません。FTSEとそのライセンサーは、何人に対しても、(a)インデックスの使用、インデックスへの依拠、またはインデックスにおけるエラー、または(b)プロダクトへの投資あるいはプロダクトの運用、から発生する何らの責任を負うものではありません。FTSEは、プロダクトから得られるべき結果、またはバンガードが設定した目的に対するインデックスの適切性、のいずれに関しても、申し立て、予測、保証あるいは表明を行いません。

外国籍ETFの取引に関する情報

< リスクに関する情報 >

  • 上記のETFは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、当ETFはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。当ETFの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります
  • 当ETFはそれ自身が証券取引市場で売買されるため、その投資対象先の有価証券の価格変動リスクに加えて、ETFそのものの市場取引に伴う流動性リスクが生じます。ETFの市場での取引量が少ない中で大量の売買を執行すると理論価格から乖離した価格での執行となる恐れがあります。
  • 当ETFは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。

< 手数料に関する情報 >

  • ETFの売買の際には取次ぎ販売会社に対しての手数料をご負担いただくことになります。購入の際には購入代金と手数料をお支払いいただき、売却の際には売却代金から手数料を引いた金額を受取ることになります。手数料及び取引に掛かるコストにつきましては販売会社にてご確認ください。
  • ETFへの投資家は間接的にその投資期間分のエクスペンスレシオを負担します。エクスペンスレシオとは、ファンドの内部で徴収される運用管理費及びその他費用です。エクスペンスレシオは毎年決算時に見直され、変動します。

< お取引に関する情報 >

  • バンガードETFシリーズのETFを米国・香港バンガードから直接購入する事は出来ません。バンガード・インベストメンツ・ジャパンはバンガードETFシリーズのETFの売買に係る勧誘もしくは推奨を行なうものではありません。購入を検討される場合は、海外の上場有価証券を取り次ぐことのできる証券会社にお問い合わせ下さい。
  • バンガードETFはクリエーション単位での買い戻しのみ可能です。バンガードETFは証券会社の取り次ぎにより流通市場で売買することができます。
  • バンガード・インベストメンツ・ジャパンは、金融商品取引業1種の登録を受けておりますが、お客様に金融商品取引の執行に関わるサービスを提供しておりません。個別の金融商品取引に係わる説明、告知、もしくは報告等、および同取引に係わる売買代金の受け渡しも行っておりません。金融商品の売買を行う場合は、当社以外の金融商品取引業者からあらためて必要な情報の入手し、法令上の手続きをお済ませのうえお取引下さい。

 印刷